インプラントとは

歯の治療を行う上でインプラントという言葉を聞いたことがある人も居るのではないでしょうか。
ですが、インプラントという治療法にはメリットもあればリスクなどのデメリットも存在します。
そこで今回はインプラントについて詳しく紹介させていただきます。


インプラントという言葉は元々歯の治療だけで使われる言葉ではなく、体内に埋め込まれる器具のことをインプラントといい、医療の目的で広く行われている治療法です。
歯の治療であれば、様々な理由によって失われて二度と生えてこない永久歯の代わりにチタン製やチタン合金でできた支柱を顎の骨に埋め込んでその支柱を土台にして人口の歯を作るという治療法です。


大人は永久歯を失ってしまうとその歯は二度と生えてくることはありません。
そのため、歯を失った時の治療法としては入歯などを用いて不足している部分を補うという方法が一般的でした。
ですが、入歯の場合ですと固いものが上手に噛めなかったり、発音がおかしくなってしまったり、長く使い続けていると入歯自体が歯に合わなくなってしまうなどの多くの問題がありました。
そこで最近そういった歯を無くしてしまった人に対して行われているのがインプラントという治療法なのです。


この治療法で治療を行うと入歯に比べて自分の歯で噛むのと同じような噛み心地を得られ、また長い間持つという利点があるため、入歯に比べて歯を無くしてしまった人への治療法としては最適と言えます。